top of page

事業紹介>ABB事業>ABBモーターABBモーター記事一覧 >北米の防爆モータについて

「攻めのモータ保全とは?!」

image.png

工場や設備において、モータは絶対に止まってはならない機械です。そのために様々な保全、メンテナンスを行いますが、それが難しい場合もあります。

モータの保全の現状とこれから

従来は設備機器担当者が日々点検を行い、人の目や耳、肌で音や振動、熱、匂い、電圧や出力などを直接確認してきました。
ただ現状では、そういった設備担当者が定年退職されたり、後任が見つからない、育成に時間がかかる、といった人手不足が深刻化してきています

image.png

モータの寿命は一般的には15~20年と言われていますが、使用状況によってはかなり差があり、それらを少ない人員で全てカバーするというのが現実的に難しくなってきています。

そんな中、最近ではセンサーで状態監視を行いながら、必要な時にメンテナンスを行う、という考え方が徐々に広まってきています。
また今後はこういった保全方法が拡大してくると思われます。

さらに一歩進んで、製品自体に最初からセンサーを組み込むことで「日常点検フリー」を謳った、付加価値のある製品が増えてくることも考えられます。

実際に空調設備や空気圧縮機などでは、すでにこういったシステムが導入されています。

「保守・保全」というと「コスト」と捉えられがちですが、機械自身が点検を行い、故障を未然に防ぐという「攻めの保全」が、今後はより必要とされてくるのかもしれません。

image.png

ユーザー側としてこういった機能を使うメリットとしては

  • 日常点検の簡略化

  • 故障時のダウンタイムの削減

  • 運転状態が常に見えるので、適正運用による電気代などのコスト削減

  • ーカーに見てもらえているという安心感

などが考えられます。

 

加えて、これら機能は機械メーカー側にとっても大きなメリットとなります。

  • 機器の異常を事前に察知できるので、突発的な修理依頼を減らせる

  • 販売した機器の管理が楽になる

  • 状態を確認出来るので、リプレイスの案内などへの活用

といった点で、双方にとってのメリットがあります。

ちなみにABBでは、「スマートセンサ」というセンサーがあります。
これはモータに限らず、回転機器にも使用できるセンサーです。

image.png

低圧モータやポンプの状態を分析し、最適なメンテナンスを提案する先進的なIoTソリューションの要となるセンサ

 

https://new.abb.com/motors-generators/ja/service/advanced-services/smart-sensor

元々は自社設備のモータや回転機器に付けて、保全を行うことを前提にしていましたが、やや用途が変化してきて、機械への組み込みの検討が増えてきています。

 

簡単に特徴を挙げておくと

  • 機器との接続が簡単(ワイヤレス)

  • データはクラウドで管理

  • 付けたその場から監視・診断が可能

  • 他社のモータでもOK

  • PC、スマホでも確認できる

といった点が挙げられます。

image.png
image.png

実際にUL防爆と日本の旧JIS防爆の違いを表にしてみました。
細かい区分は別途ご確認頂きたいのですが、ここでは旧JIS防爆の、例えば「d2G4」といったものがどれにあたるのか、といった目安としてご覧ください。

UL規格とIEC規格は似ている部分も多いのですが、表記や区分が違います。
特にUL規格の方が分類がやや細かいので、IEC規格で見た時にどこに値するか注意が必要です

image.png

普段なじみのない、NEMA、UL規格ですが、適当に選んでしまうと、後で大変なことになります。
北米向けに限らないですが、海外のモータの選定の際は、
①現地で本当に必要な防爆の内容
をしっかり確認
②ノウハウのあるメーカーに相談

することが大切です。

ABB・Baldorのモータは、

北米のUL・EISA認証を取得済みです

Baldor(ABB)では従来より出力、巻き線種類の
北米UL認証を受けているため、2023年4月の規制変更対象にはなりません。
安心してお使い頂けます。
#北米防爆対応
#金属粉塵
#NEC500
#UL防爆
#UL高効率承認取得済み

Baldorモータラインナップ
カタログはこちらからDLできます

図1.png
常盤電機は国内で唯一のAVP(グローバル認定ABB代理店)です
図1.png
​常盤電機株式会社

姫路本社

兵庫県姫路市北今宿2-4-1

TEL:079-298-1124

大阪営業所

大阪府大阪市淀川区宮原4-1-45

TEL:06-6395-1752

図2.png

​↑資料ダウンロードはこちら↑

​↓お問い合わせはこちらのアドレスよりお願い致します↓

bottom of page